京町ブログ

2020年11月27日 金曜日

東洋医学を知ろう!③

復習
~気の種類~
先天(せんてん)の気 ― 両親から受け継がれる気のことで、生まれながらに持っているエネルギー。

後天(こうてん)の気 ― 生まれた後に飲食物から得られた気。

元気(げんき) ― 生命活動の源となる気。
 
宗気(そうき) ― 呼吸活動を補助し、心脈に作用して身体中の気血を循環させる働きをしています。

営気(えいき) ― 血とともに脈中を流れる気。栄養分に富み、臓器を栄養し健康に保ちます。

衛気(えき)  ― 脈外を流れる気。外邪の侵入を防いだり、また追い出す働きをしています。体温の維持や発汗に関係する気です。



気にも色々なものがありましたが、皆さん覚えていたでしょうか???
覚えていない方は、今ここで覚えましょう!
それでは、今日は、これらの気が身体でどのような作用となるのか見ていきましょう。



~講座③~
今回は気の作用について説明していきます。気の作用は、主に6種類あり、それぞれが作用しあって身体を健康に保ちます。

栄養(えいよう)作用 ― 各臓腑や経絡を養う作用です。

推動(すいどう)作用 ― 臓器や血液の流れを良くする作用です。主に宗気と関係し、呼吸、発声、心拍、血行などが正常に機能するように作用します。

温煦(おんく)作用 ― 身体を温めて、陽気を補います。熱を産生し、体温を維持する働きがあります。

防御(ぼうぎょ)作用 ― 体表にまとい、外部からの邪気の侵入を防ぎます。衛気と関係が深い作用です。

固摂(こせつ)作用 ― 生命活動に必要な気血津液が漏れ出たり、失われないようにする作用です。衛気と元気と関係が深い作用です。

気化(きか)作用 ― 人体に必要なものの生成や相互転化、循環、代謝など、生理機能を行う作用です。


身体ではこれだけの作用が働いて健康に保つようになっています。例えば、外邪の侵入を防ぐ衛気や防御作用が弱まれば、身体にウイルスが侵入しやすくなったりということが起こります。そして風邪をひきやすくなったりするわけです。ですから、一つの作用でも色々な作用や臓器に影響を及ぼします。気は、心の推動作用と肺の宣散・粛降作用によって全身に巡り、またそれを必要とする箇所に散布されます。この散布された気は、肝の疏泄作用によって調節され、また腎によっても調整されます。このようにして気は生成と運行を繰り返し、前進的なバランスがとられています。各臓器の作用に関しては、後々詳しい説明をしていきますので、ほぉ、そうなんだ、くらいに目を通してください(笑)



では、また次回の投稿でお会いしましょう(^^♪

投稿者 京町さくら鍼灸接骨院

アクセス


大きな地図で見る
【京町さくら鍼灸接骨院】
川崎市川崎区京町2-12-3サクラガーデンプレイス1F
月~土 8:30~13:00/15:00~20:00
日祝日 8:30~15:30


大きな地図で見る
【むさこ鍼灸接骨院】
川崎市中原区今井南町515-2 ロイヤルハイツ1F
月~金 9:00~13:00/15:00~20:00
土曜日 9:00~13:00/15:00~19:00
日祝日 9:00~17:00

お問い合わせ